0925

dawn purple

090925 / photograph / permalink

子供が大騒ぎするので、起きてみたらまだ夜明け前。
早起きにも程がある。
 
090925

0923

それはそれで意義が

090923 / photograph / permalink

090923

0919

ECOEGO

メディアが挙って「シルバーウィーク、シルバーウィーク」と連呼していて、何のことかしばらく分からなかったのだけれど、今回のようにたまに来る9月の大型連休らしい。
 
こうやって、耳慣れない言葉がマスコミに連呼される時は、決まってお金の臭いがする(笑)。
なんでもないようなことでも、新しい単語に置き換えて連呼すれば、なんだかその気になってしまう人が居るらしく、それに応じてお金が動くらしい。
 
婚活(笑)とか? アラフォー(笑)とか? エコ(笑)とか?
エコとか、表立って口にして連呼してる人たちに限って、「その実態は実はエコでもなんでもない」ってことを自覚してるからなんじゃないかしら。
(あげくの果てにはエコ買い替えとか、もう本末転倒)
 
まぁ、でもそういうのに何も考えずに全部乗っかっちゃえ〜っていう面の厚さというかエゴイズムというかが、人生を楽しむ術だったりもするんだよなぁ。
 
090919
 
シルバーウィークだからって訳じゃないけど、ポケットモンスター ソウルシルバーに手を出してみた。人生初のポケモン体験なので、さっぱりわからん。

0915

50 ANN

090915 / days / permalink

ちめんかのやで開催中の藤原カムイ先生50ANNに行って来た。
 
090915_1
 
藤原カムイは自分の中で鳥山明と双璧を成す漫画家さんで、僕は今なおものすごい影響を受けている。
 
初めに手に取った作品は小学六年の時の「雷火(デラックス版)」で、初のジャケ買い(ビニールに入っていて立ち読み出来なかった気もする)。まさか邪馬台国の話だとも知らずに、剣を持ったカッコいい表紙と、神秘的なまでの造本(装幀は羽良田平吉さん)で、どうしても欲しくって、当時の自分にとってはちょっと高かったけど、迷わず買った。
 
家に帰ってマンガを捲ったときに見返しや口絵の美しさ、絵の美しさ、ダイナミックなストーリー展開などあっという間に虜になった。それからH2O(Image)やクリップ・ドロップ等目についたものは買い漁るといった具合。
 
藤原カムイの作品は、絵の構図やキャラクターの上手さだけではなくって色の感覚(蛍光ピンクやスマルトブルーが大変綺麗で効果的に使われていたり)や作中に出てくる機械やポスター等のデザインセンスも素晴らしくって僕は多大な影響を受けている。(扉のデザインや、ロゴデザインのセンスもそこら辺のデザイナーより遥かにレベルが高い)。勿論、話の発想もすごいし、原作者付のマンガもそれぞれ異なった雰囲気で面白い。
 
でも、当時同級生に話してもほとんど知られていなくって、話題に登ることも無いから情報も乏しくって、自分の中で密かに信仰していた神様のような存在。
 
その神様に今日初めてお会いしました。
 
先生に会ったら、色々聞いてみたいこととかあったんだけど、いざ目前にすると餌を待つ金魚のように、たいしたことが言えず、テンパってしまった。
どのくらい伝わったかは分からないけど、自分が思春期に多大な影響を受けたことや、その影響によって美大に行ったり、デザイナーになったりしたことなどを一通り話して、「まだ駆け出しながら装幀の仕事等もやらせていただいています。いつかお仕事でご一緒出来る日を夢見ております、記念に、というわけではありませんが名刺だけでも受け取ってください。」(←勿論、こんな流暢になんて喋れず;)と名刺を差し出すと、先生は快く受け取ってくれただけでなく、僕にご自身の名刺を差し出してくれた。
 
僕は天にも昇る心地だった訳だけれど、同時に、ただ、ファンで居るだけでなく、今まで色々な刺激を与えてくれた恩返しとして、好きな作家さんとちゃんと仕事上のパートナーとして活躍出来なきゃいかんな、とも思った。人気作家とただのファンの間では、お互いの連絡先の書かれた名刺を交換したりはしないはずだ。
 
090915_2
 
藤原カムイ作品の装幀は、前述の羽良田平吉さん(私が最も尊敬する装幀家です)だけでなく、祖父江慎さんだったり、そうそうたる面子が携わっていて、そのどこに僕が入り込む余地があるのだろう?と思っていたけど、そんなことではいかんね。俄然やる気が出た。
 
50ANNでは、展示してある作品の他に、生原稿やネーム、イラストのラフ等がファイリングされた何冊ものファイルが置いてあって、自由に見ていいのだけれど、初めて単行本を捲った時の感動が蘇って震えっぱなし。鉛筆のラフ書き等は、今まさにキャラクターが誕生しようとしている瞬間瞬間が垣間みれて、試行錯誤の後が伺える。そしてその量が膨大だ。(勿論置いてあるのは一部だろう)
 
あれだけ才能のある人がこれだけ膨大な試行錯誤を繰り返しているのだとしたら、僕はどのくらい頑張らなければいけないんだろう?と一瞬思ったけど、それは間違いで、これだけ膨大な試行錯誤を繰り返した結果が、あの才能なんだ、と思ったら、これまた燃えて来た。
 
今なお感性だけでなく、モチベーションにまで今なお良い影響を与えてくれる藤原カムイ先生に今はただただ感謝です。
そして先生の生誕50年、画業30年、おめでとうございます。
これからも素敵な作品の数々、楽しみにしています。

0911

目眩

珍しく一人で実家付近を散歩。
一度は模造品のようによそよそしくなった故郷が、最近は身近に息づいている感じがする。
子育てを通じて少年時代を思い出す機会が増えたからかな?
 
090911_1
090911_2
090911_3
090911_4
 
暗い日付には明るい写真を。

0909

Nina

090909 / graphic / permalink

090909_1
子供のTシャツ用にうちのウサギ(ニナ)を図案化。飼い主しか分からないけど、そっくり。
下は、下書きと、似てない試行錯誤の様子。 
090909_2
ニナさんは、ドット絵やベジェ絵など、よく図案化されてます。
090909_3
フォント化されたりして。
 
090909_4

0907

かすかなしるし

090907 / days / permalink

仕事でビックサイトへ。いつもは臨海線で行くのだけれど、気分を変えてゆりかもめで。
 
090907_1
090907_2
090907_3
 
たまに乗ると、観光気分でちょっと得した気になれる。こないだ観に行ったガンダム(もう終了してたけど、まだ解体されずに立ってた)も窓から眺められたり。