1231

2015年まとめ

151231 / days / permalink

2015年仕事まとめ。
 
・『ユリ熊嵐』本編からグッズ、パッケージなど3年関わった集大成でした。再び誘ってくれた幾原監督やスキを諦めなかった全てのスタッフに感謝でいっぱいです。
 
・『輪るピングドラム』もBD-BOX発売。久しぶりにピングスタッフとやりとりするのが嬉しかった。今思えばドえらいスタッフ陣。
 
・デオドラントクーム『FinalDeoシリーズ』のリニューアルやT型ハブラシ『T-Style』のリニューアルなど新商品もろもろデザインしたものが発売。
パッケ仕事同時に沢山やったのは久しぶりだったので、凄く楽しかったです。
 
・夏からは『GODEATER』。駅看板やADビジョンなど、色々な広告が作れて新鮮でした。ユリ熊とはまた違った〝カッコイイ〟〝男の子の好きな感じ〟も楽しかったです。
ゲーム(あくまで資料としてだよ)プレイしたのも久しぶりでよかった……。
 
・今なお鋭意作業中の『同級生』。これ参加できることになったのはすごく嬉しかった。そして参加してみて、作ってるレベルの高さに背筋が伸びた。1ファンとしてもひたすら楽しみ。
 
・セイン先生の英会話本を同時に4冊。トータルで1000ページくらい?4冊めが最後の最後でデータがぶっ壊れたのはさすがにビビった。
 
プライベートでは子どもたちの新生活、家族旅行などバタバタしつつも変化を楽しめた気がします。
  
公私ともに人との縁に恵まれた一年でした。お付き合いくださった方、ありがとうございます。また来年。
今年よりも楽しい年にしたいです。そのために力を貸して下さい!良いお年を!感謝と愛を込めて。

1125

イクラパンダー

151125 / days / permalink

イクラパンダー『幾原邦彦の次をみんなで決めまSHOW!!』にゲスト出演してきました。
 
151123
 
阿佐ヶ谷ロフトに出るのはピングドラムのイベント以来なので、だいぶ久しぶりではあったのですが〝ホーム・阿佐ヶ谷〟ということもありとてもリラックスしながら楽しませて貰いました。
6月に出させてもらった幾原さんとのトークショーに比べ、内容がフリーダムで気楽だったし、辻田さんや羽山さん(西位さん)のイベントでお客としても来たことあったしね。
何より、会場のお客さんが温かく見守って下さったのが、大変ありがたかく、イベントを支えてくれたと思います。感謝でいっぱいです。ありがとうございました。
 
内容としては「いままでの幾原作品の振り返り」と「これからの幾原作品を考える」の2部構成で、幾原監督からは意外と真面目なお話から、しょうもないお話まで色々な話が聴けました。中には結構意外な、初めて聞くエピソードもちらほら。
壇上で話をしながら、何だか色々としみじみしていしまいました。
  
ウテナで幾原監督を知り十数年……プロのデザイナーになって、輪るピングドラムで声をかけてもらい、ユリ熊ではガッツリ。それぞれのタイミングでそれぞれの仕事、自分と向き合ってきたので、幾原作品の歩みは、自分自身の歩みでもあるのです。(途中でウテナのパッケージやったり。)
 
思えば初めて監督に会った日、帰りに食事に誘われたのだけど緊張しすぎて「2人でメシとか無理!」と思って断ったんだ(笑)。とかそんなあれこれも思い出したり。
  
今回のイベントの意図はなかなか分かりにくいとは思うけど(かくいう私も良く分かっていない)、次回に向けて歩を進め始めたことは確か。
今なおファンとして新作がやってくるのは単純に楽しみだし、戦友としてまた一緒に作れたらいいな、と強く願ってもいます。
 
もっともっとリズムのように。

0914

お久しぶりです。

150914 / days,work / permalink

いかん。石垣から帰ってから全く更新しないままもう9月(しかも半ば)になってしまいました。
ものすごい駆け足でザッと振り返ると、4月はこどもの入園・入学式があって生活がまた変わりました。
 
ときわ商会からファイナルデオが久しぶりのリニューアル。デオドラントクリーム(硬)、デオドラントクリーム(柔)、ピーリングジェル、ボディソープのパッケージデザイン。T-styleもリニューアルで8色展開。かるいしです!のアルガンオイルも発売に。
ときわさんの仕事久しぶりな上に、ボリューム沢山で楽しかった。デザインどれも良い感じに着地できてよかった。

ユリ熊がらみはサントラが発売になって、CDジャケ作業(OP・ED・サントラ)が終了、残すはBD作業(これも先月で終わりました)。
関連書籍(ユリ熊嵐パーフェクトガイド)が発売になって、装丁と中身でインタビュー受けてます。これに関連して監督と対談?ぽいトークショーに出ました。あとはイベント絡みで公式同人誌の装丁と寄稿、監督のインタビューリーフレット等。ユリ熊はほんと好き勝手やらせてもらって遣り甲斐のある仕事です。大きくデザインにダメだしされたのはインタビューリーフレットくらいじゃないかな?(しかもダメ出しの内容が「おさかべに言えば分かるはず!」というアバウトなやつでしたが)
3年にも渡るユリ熊仕事が終わるのは寂しいけれど、幾原監督はまた次に向けて走り出しているので楽しみにしています。またがっつり参加できたらいいな。
 
そうこうしてるうちにゴッドイーターのアニメがスタート。放送開始の広告看板・ティザーサイト・Webサイトなど担当してます。本編のサブタイトルやパッケージ(10月売り)など色々担当してます。これはヨヨネネで一緒にお仕事させてもらった平尾監督からのご指名。ありがたい限りです。ここのとこ可愛い感じのデザインが続いていたので、こういう「男子!」みたいなデザインは久しぶりで高揚します。資料としてゲームもプレイしたのだけど、ゲームやる感覚とか懐かしくって少年心がときめきます。
 
あとジープ島王国、1号がでました。アートディレクション・ロゴデザイン等。同時期に宮地さんが写真展やることになり、それのロゴなんかもやりました。
他にもなんだか色々とあったのですが、近くポートフォリオに乗っけます(物撮りしてないので溜まってしまっているのです)。
アニメばっかっぽく思われてますが、アニメ仕事はまだ仕事全部の半分で、NPOや教育関係など堅めの仕事も楽しくやっています。そのあたりも載せていかないとね。
 
やはり溜めてしまうといかんですね。こうやってここで総括したので、次からはしれっと普通にブログを再開します。
お見捨て無く。

0330

ユリ熊嵐終了

150330 / days / permalink

ユリ熊嵐。放送終了しました。
最終回はコンテを初めて観たときから、放送が楽しみで仕方なかったです。感無量です。お疲れさまでした。
一緒に作った全てのスタッフの皆さんと、ご視聴くださった方全てに感謝でいっぱいです。有り難うございました。
 
気がつけば3年くらい関わらせて頂きました。試行錯誤の日々でしたが、楽しく、刺激的でした。苦労したことも無かったわけではありませんが、終わってみれば報われるどころか、余りある幸せなを頂きました。幾原監督、声かけて下さってありがとうございました。

また、色んなスタッフさんに沢山の刺激を頂き良いモチベーションで作業できました。名を挙げればキリがありませんがデザインを活かして下さったコンテマン、演出さん、美術さん、撮影さん…。素敵な芝居を作って下さった作画スタッフさん、役者さん等有り難うございます。ひたすら頭の下がる思いです。
 
パッケージやグッズ等の仕事はまだまだ続くのでもうしばらくは作業を楽しませてもらいます。

0328

牛窓へ

150328_1
150328_2
150328_3
 
ちょろっと仕事で岡山へ。空き時間で少しぶらり。
 

0124

いつの間にか

150124 / days,work / permalink

気がつけば1月も終盤。
 
「ユリ熊嵐」の放送も3話まで終わりました。
一週間がバタバタとあっという間に過ぎ去ってしまっていて、今年はブログを…なんて決意する間もなくこの有様です。
 
少しだけ仕事の報告。
 
1)ユリ熊嵐スターティングガイド
yrkm_guide

装丁をやらせてもらいました。特色ピンクがうちっぽい。
本文はノータッチですが、アニメ本編用に私がデザインしたものが多数掲載されています。
また、関係者コメントみたいなのに少し答えています。
 
2)ユリ熊嵐ミュージアム
yrkm_ms_logo
今まさに実施中(2/1まで)なのですが、そのロゴをやりました。
アホ可愛い感じで気に入っています。先日覗いてきました。
150122_1
 
3)ピングドラムBD-BOXポスター
これについてはパッケージデザイン(発売になったらまた書きます)のオマケ。という感じですが。
池袋地下の丸の内線のあたりで掲載中(明日までですが)です。場所がまさに!って感じでちょっとグッと来ます。
150122_2
 
ユリ熊絡みはまだ色々続いてやっているのでまた、順次紹介していきますが、現在は他にも4月発売の商品パッケージ
も多数進行していたりで、慌ただしくも楽しくやっています。

1231

2014年まとめ

141231 / days / permalink

今年は自分の立ち位置を確認してる暇もなく、怒濤のように去っていったので振り返るのが難しい…。
 
【新しい仕事と以前からの仕事】
有り難いことに、疎遠になっていたところと再びガッツリ仕事をさせていただいたり、はたまた新しい仕事仲間やお客さんと知り合ったり…。収入は兎も角、縁に恵まれた一年でした。昔からの間柄ならではの、通じ合う部分や、新しい間柄ならではの新鮮な感じ、両者がそれぞれ良い刺激になりました。
まだまだ色んな仕事したいのでおひとつよろしく。
 
【ユリ熊嵐発表】
結構前から関わっていたので、発表できたのは感慨深く、嬉しい限り。
ユリ熊の打ち合わせでは、〝想像力〟〝ものづくり〟とは何か?を考えさせられることも多く、改めて監督の懐の深さを感じさせられます。愛される作品になってほしいなぁ…。ピングドラムで知り合った方といまだに沢山会う機会があったり、仕事したりしているので、今回もそういった関係を沢山築けるといいなぁ。
 
【阿佐ヶ谷移転騒動】
これについては多くは語りませんが、ちょっとそういう話が出ては消えた、ってもんです。忘れないために書いとく。
 
【こどもたちの成長】
成長期の子を持つ親なら、まぁだいたいこれに尽きるでしょう。
ああ、この瞬間忘れたくないな。って瞬間をいくつもくれる不思議な生き物。
 
もっとやれた、とか、あすこが今イチ…みたいなのは相変わらずあるけど、総合的に見れば良い年だったのではないでしょうか?
忙しさに負けて、あまり呑み行けなかったのが心残りかな?
遠出できなかったのも。
来年また頑張ろう。